バージョン

サポートするPHP

BEAR.SundayはサポートされているPHP(Supported Versions)のバージョンのPHPをサポートします。

  • ^5.6 (古い安定板 28 Aug 2014 - 31 Dec 2018)
  • ^7.0 (古い安定板 3 Dec 2015 - 3 Dec 2018)
  • ^7.1 (古い安定板 1 Dec 2016 - 1 Dec 2019)
  • ^7.2 (現在の安定板 30 Nov 2017 - 30 Nov 2020)

End of life (EOL)

  • 5.5.* (21 Jul 2016)

新規のオプションパッケージは現在の安定板をベースに開発されます。機能とパフォーマンスそれにセキュリティの観点から現在の安定板のPHPを使うことを勧めします。

BEAR.SupportedVersionsではバージョンの詳細を確認できます。

Semver

BEAR.Sundayはセマンティックバージョニングに従います。バージョン番号が0.1増えるだけのマイナーバージョンアップではアプリケーションコードの修正は必要ありません。

バージョニング・ポリシー

  • フレームワークのコアパッケージはユーザーコードに変更が必要な破壊的変更(breaking change)を行いません。1

  • サポートするPHPがEOLを迎え、必要とするPHPがメジャーバージョンアップ(5.67.0)してもフレームワークのメジャーバージョンアップは行いません。後方互換性は保たれます。

  • 新しいモジュールを使うために必要なPHPのバージョン番号が上がることはあっても、そのために破壊的変更が行われる事はありません。

  • 破壊的変更を行わないために、古く不要な機能も削除しないで2、新しい機能は(置き換えではなく)常に追加されます。

BEAR.Sundayは堅牢で進化可能3なメンテナンス性の良いコードが長期的に利用できることを重視します。

パッケージのバージョン

フレームワークのバージョンはライブラリのバージョンの固定を行いません。ライブラリはフレームワークのバージョンと無関係にアップデートできます。composer updateで常に依存を最新にする事を勧めます。


  1. つまりフレームワークはメジャーバージョンアップを行いません。利用ライブラリ(例えばTwig)モジュールはそのライブラリの破壊的変更に合わせてメジャーバージョンアップされます。 

  2. deprecated扱いにするだけです。 

  3. https://en.wikipedia.org/wiki/Software_evolution